web creators vol.99にIllustratorの記事を寄稿しました

wc_cover3_99.gif

99号目となるweb creatorsの特集記事「WEBの作業が楽になるテクニック総まとめ」に寄稿しました。

題して「Illustrator内で完全にシンボル化しFlashにインポートする」というものですが、年末年始激務に追われ、編集部に「もうだめ〜」って言って今回は甘えて1記事だけ書かせていただきました。すいません、編集部の方、次からはなるべく貢献します。。

しかし今まで寄稿してきた内容、振り返ってみると色んなジャンルの記事書いてるな、何が得意な人と思われているのか、実は自分が一番わかってない。。。

やっぱりVUEのEcoSystemってすごいな。

forest.jpg
↑MacBook Pro 2.4GHz Intel Core2 Duoでレンダリング6時間・・・

まだ、VUE5だけど、このEcoSystemって、無限に木や草を生やしてくれる機能、ホントスゴい。
数百万の草木でコンピュータのパフォーマンスに影響しないって画期的で、実はCG屋さんでもないのに、いろんなビジュアル制作ではお世話になってる。
使い方は難しいけど、時代はとっくにEcoSystem ジェネレーションIII、もっと凄いことができる。
このページを見るとそのすごさが期待できる。
http://graphic.e-frontier.co.jp/vue/7_xstream/page03.html

EcoSystemペイントって、好きな場所にブラシでゴシゴシする感覚で草木を生やすことが出来る。
VUE5では、それを関数とかで位置を決めていかないといけないので、若干難しく、想い通りにならない事もしばしば。

EcoSystemペイントだと、直感的に「ここに生やしたい」をピンポイントに実現してくれそうで期待出来る。

じつはこれもEcoSystemを使ってます。
↓↓↓↓
main_photo.jpg

ある物体が近くにあったら、それを避けてくれる機能もあるので、中央のロゴが埋もれずに済むってやつ。
これだけでも便利だったんだけど、今作ってるプライベート作品はかなり苦戦。
やっぱりEcoSystem ジェネレーションIIIに頼る方が効率上がるかな?
VUE7の最高グレードはVue 7 xStream、もう昔のバージョンはアップグレード対象外、なので
価格は・・・標準価格:228,900円。

う〜ん、がんばって買うか・・・。
悩む。

CSS Nite in OSAKA, Vol.17で司会しました!

CSS Nite in OSAKA, Vol.17
写真:鷹野雅弘(株式会社 スイッチ

今年3月から良く分からない勢いのもとで結成された実行委員会で繰り広げてきましたWeb系セミナーイベント、「CSS Nite in OSAKA」。
不慣れななか、なんとか5ヶ月連続のマンスリーイベントを無事(!?)終える事が出来ました。

有料版の今回は満員御礼、僕は今回も司会進行を務めさせてもらいました。
今まで参加してくれたみなさん、ありがとうございます!

はじめての有料版、特に僕はこういったセミナーイベントや司会の経験が全くなかったんですが、周りの実行委員スタッフの力で持ちかえすことも出来ましたので、色んな意味で色んな人に感謝すべきことがあるんだな〜!ということも改めて実感した1日だったわけです。

さて次回はまだ決まっておりませんが、これで完結というわけではないので、今後もひとつよろしくおねがいします。

Photoshopネタを執筆しました。【web creators8月号】

Vanishing Point
Vanishing Pointを使った事例

web creators 2009年8月号

今までどうもFlashの話題で寄稿させてもらったんですが、今回はPhotoshopの補正テクニックについて紹介しています。
タイトルは『Vanidhing Pointで空間の奥行きを見せる』というもので、138ページに記載されているので、Photoshoperの人たち、そうでない人たちも、是非参考にしてみてください。
マニアックな機能だと思っていたのですが、撮影するとき構図を失敗したときなど、もしかしたら使えるテクニックで、意外と威力を発揮する場面に遭遇したので、そういった経験も基に記事に書かせていただきました。
これを使うと、スカスカの空間に奥行きを与える事が出来たり、ビルをもうちょっと高くする事も出来るんですが、結構慣れも必要なので、一度はコレをみて(笑)練習してみては?とおススメです。

しかし今回は校了まで手こずったな・・・
編集部の方、ご面倒おかけしました。

3ヶ月連続で記事を書かせていただきましたが勉強になりました!ありがとうございます。

web creators7月号には3ヶ所に記事を書きました

web creators 2009年7月号

エム・ディ・エヌ発行の書籍、「web creators」の7月号には、短期連載記事とトラブルネタ、合わせて3ヶ所(3記事)を書きました。

さらに次号、8月号も執筆しました。こないだやっと校了したんですが、韓国旅行直前の羽田空港から編集部とやり取りするほど結構大忙しでした〜汗
今度は本業に近い!?Photoshopネタを書いています。
また発売されたらブログに書きますね。29日発売予定です。

一つはCSS Niteでもしゃべった内容、「Movable TypeとFlash」の連携記事を92〜93ページに書きました。
なんだか、ActionScriptクラスベースで内容が入門者にはわかりずらいと言われてしまい、セミナーではフレームアクションで書きました。

さらに39ページでは、「イベントターゲットを表示オブジェクトで扱うとエラーになる」というもので、良くあるイベントハンドラで引数にターゲットプロパティをつなげると、DisplayObjectが返って来ないという、経験者にはなんて事無い話ですが、そもそも、Sprite(ターゲット)と書くのとas Spriteとつなげるこの違いってなんなの?っていうマニアック(そうでもないか…)な事を書いてます。

そして59ページでは、「フォルダ内のASクラスがエラーも出さずに実行もしない」を書きました、結局AS3ネタばっかりになっちゃいましたが、要は、ある間違いでエラーも実行もしないので気持ち悪かったので書きました。

CSS Nite in OSAKA, Vol.16 フォローアップ 【秋葉秀樹】

秋葉秀樹

photo by おかだよういち http://s-style-arts.info/

6月9日、ロックの日に魂の叫びが(日頃のうっぷんが)爆発!
アップルストア心斎橋で行われた、CSS Nite in OSAKA, Vol.16にワタクシ、秋葉秀樹が出演してきました。

何と大阪版始まって以来のアップルストア心斎橋での動員数、160人を突破したこのイベント、ついに無料版マンスリー終結を迎えました。多くのご来場、まことにありがとうございました。

今回私のトピックは「脱!やらず嫌い『MovableType×Flashでつくるフォトアルバム』-ノンプログラマ編-」(いつもながら長いタイトルだ・・・)と題しまして、web creators 7月号に寄稿した、MTとFlash連携での記事を、もっと入門者向けに設定してご説明、あと、ActionScriptのライブコーディングを行いました。

スライドはこちらからご覧いただけます。
http://www.akibahideki.com/blog/cssnite/cssniteosaka_16_akiba.pdf
(PDF形式:8.6MB)

今回は最終回という事で、『アップルストアにぶっちゃけ、聞きたい事がある!』と、「オレたちロックだもんね♥」的なノリでストアの上島さんに「みんなも聞きたい質問」をぶつけました。
来場者のみなさん、いかがだったでしょう?

ライブコーディングした内容です、執筆内容はActionScriptクラスファイルでしたが、フレームアクションで今回は書きました。

web creators寄稿記事をCSS Nite in OSAKA, Vol.16でやります

web creators

連載の今回は3記事を寄稿しました。
で、6/9のCSS Nite in OSAKA@アップルストア心斎橋では、私、秋葉秀樹が出演します。
http://osaka.cssnite.jp/

内容は執筆記事をライブコーディングします。

なぜなら、ActionScriptクラスファイルの記事を書いていますが、入門者にはクラスの概念が分かりずらいということで、フレームアクションで書きながら一部をご説明って感じにします。

MTで書き出されたXMLをFLASHで読み込み、サムネイルをロード、表示まで、実際みなさまの前でActionScriptを書いて実行してお見せしながら解説します。

ただ、経験者にはツマラン内容となること間違い無し!です。

実行サンプルはこちらです、
http://works.akibahideki.com/web_creators/mt_flash.html

どうかよろしくお願いします。

FPS vs CSS Nite in OSAKA !? 6/9@アップルストア心斎橋

来る6月9日(火)のCSS Nite in OSAKAでは、いつもより30分拡大版、18:30スタートでやります。
場所はいつものアップルストア心斎橋。
トップバッターはなんと、ワタクシ秋葉秀樹の予定です。

さて、今回は4人出演のうち3人は「スクリプト」にフィーチャーしてます。
あと一人の今回紅一点、木村萌子さん(きむらもえこ・名前がイイっ!)は「ランディングページ」の話題らしいです。
残り3つとも、「初心者/未経験者」への「JavaScript」や「ActionScript」の話題になります。
経験者の方は正直、かなり物足りないでしょう・・・。
でも未経験者の方にとってはチャンスな1日となりそうです。

  • ユーザーのココロを掴むランディングページ/木村 萌子
  • JavaScriptかみくだき -関数編-/田中 朋也
  • めざせ脱初心者!これから覚えるFlash術のツボ(仮)/宇都宮 正宗
  • 脱!やらず嫌い「MovableType×Flashでつくるフォトアルバム」-ノンプログラマ編-(仮)/秋葉 秀樹

「脱」が2つも・・・笑

そう、宇都宮正宗さんといえば、Flash Power Session(FPS)でおなじみの方、CSS Nite in OSAKAと真っ向勝負か!?

こないだ正宗さんと飲んだんですが、、酒のペースが早いという印象が妙に残ってまして(^^);
見た目によらず、アツい方でした。
だから、、という訳ではありませんが、こういった人間臭いクリエイターに共感を示すワタクシも出演させていただき、勝手にFlash入門者という内容で対決をさせていただこうかと思います。

ちなみに、別エントリーで書きますが、月刊web creators2009年7月号(5/29発売)では今回3箇所くらいに寄稿しています。
今回はそのうちの1箇所、短期連載記事のMovable TypeとFlashの連携の記事を取り上げてみます。
というのも、執筆した内容はActionScriptクラスベースでの作りなので、未経験者の方にはちょいツラそうなのでフレームアクションだけの説明をさせていただきます。

セミナーで講師とかやってると、初めての方に「オブジェクト」って話をすると、とても難しがられるので、今回は「会社の部署」で例えてお話をさせていただこうと思います。

slidecapture.jpg

そんな説明とライブコーディングをやってみて、Movable TypeのXMLを読みこみ、解析、画像URLを抽出して表示。ひとまずここまで、やります、いや、やる予定です、ほんとに未経験者向けです。。

それでは6/9ロックの日にアップルストアで会いましょう!!

CSS Nite in OSAKA, Vol.17を告知!

秋葉秀樹制作CG『CSS Nite in OSAKA, Vol.17〜乞うご期待〜』

パーソナルワーク・・・・かな?
『CSS Nite in OSAKA, Vol.17 〜乞うご期待〜』
使用アプリケーション:LightWave 3D、Vue 5 Infinite、Adobe Photoshop

この無数にばらまかれているキーワードの文字、全部言い当てられた人にはなんかあげます・笑

一足早くCSS Nite in KYOTOで告知しました、大阪、夏の有料版を7/18(土)産創館でやります!
ポスターとかは作らないけど、作るとしたらこんなやつを作ってみんなの目を引きたいとおもいました。

このイベントには初のお笑い芸人「アキラボーイ」さんに出てもらいます、彼はデジタルアート芸人と名乗っている通り「エンタの神様」や「あらびき団」などに出演しており、自身のアニメと一緒にコントをやります。テレビでやってるようなコントをCSS Niteでやります。
ただそれだけでは意味がないです、彼が得意とするデザイン、アニメーション制作の裏側が見れます。つまり、テレビでやってる制作術の裏側までお見せするということで、これはどこでも見れるチャンスはありません。

さらに「マンハッタン」久々登場!
よしだゆたかさん岡田昇三さんのコンビ、またあの「へえボタン」復活か!?
というか、参加型携帯コンテンツをやってくれるそうで、また盛り上がりそうです。

そしておなじみ鷹野さんですね。

さて、参加費は一般4000円、学生さん(デジ○リやW○VEやヒューマン○カデミー、そのた、スクールでもOKですよ)は2000円ということで、お得です。

6月1日より予約受付開始。
くわしくは大阪版サイトにて。

文字通り、こう、ご期待!

CSS Nite in OSAKA, Vol.15で司会します!

CSS Nite in OSAKA, Vol.15
来る2009年5月12日(火)、
アップルストア心斎橋でワタクシ秋葉秀樹が司会を務めるCSS Nite大阪版やります!

CSS Nite in OSAKAの実行委員を結成し始めてマンスリー3回目です。

http://cssnite.jp/osaka/vol15/

今回もとてもためになるお話が聞ける!!参加無料、ふらっとお越し下さい。

今回の出演者をバシッとご紹介!

知ってて得する「Dreamweaver」の勘どころ。/森 和恵さん
Dreamweaverってまだ知らない事がいっぱいです。
森さんはアドビの認定トレーナーという経歴も持ってらっしゃり、、
大阪市都市型産業振興センターが運営する「イメディオのセミナー」では人気講師だと人づてに聞いています。
僕もイメディオでは講師をさせていただいてる中で、森さんがどんなプレゼンを見せて下さるか、非常に楽しみです。
今回技術評論社から著書を出されるということもあり、、とにかく楽しみな内容です。
デザイナーでも出来る!Movable Typeでエンジニアリング/川端 雅史さん
こちらの方も講師つながり。
デジタルハリウッド大阪校で知り合ったPHPやMT構築などを生徒さんに教えている方で、こ、この写真。いや、すごく柔らかい方なんです、いい方ですよ。
ご一緒にお酒も飲ませていただいたし。
ある時は僕が教室で講義していると、となりの教室でMovableTypeの特別講座をやられてたのが川端さん、なんだか和気あいあいと楽しそうだった。
CSS Niteではどんなトークをして下さるのでしょう?
タイトルが凄く気になります、MTでエンジニアリング?なによりも「デザイナーでも出来る!」まさに僕のためにあるセッション?
PPCでオバマさんにモノを売る方法/東條 裕子さん
あまりにも大胆なタイトルで、これは見に来たい方も多いのでは?
元コピーライターで英国にも住んでいたらしい!英語ペラペラかなあ?
編集・デザイン・広告営業のコーディネーターも経験という事で、なんでも出来る方って感じです。
21世紀の広告手法はデザイナー、マークアッパー関わらず、聞いておくべし!って感じ。

で、今回もワタクシ秋葉秀樹はCSS Nite in OSAKA, Vol.15の司会をやります。
どうぞみなさま、よろしくお手柔らかに〜。