IMG_4656.JPG

たまにはアイデアソンもお酒の席で(居酒屋ソン)

  

ふと居酒屋で楽しく飲んでいた時のことから、雑記。

大阪で開催されたあるIoTをテーマにしたイベントにパネラーとして参加したときに、隣で話をされていたウェアラブル界で著名な塚本先生が「アイデアソンやるんですか?だったらぶっ飛んだものを考えた方がいいですよ。もう大抵のアイデアは出尽くされてますから(省略)」とお話ししてました。

大体2日間にまたいでハッカソンをやるケースって、初日はアイデアソン的な時間を取ることになるんですが、いつも真面目な空気感がこういったぶっ飛んだというか、いい意味でバカになれないとか、そういう気もしてます。ましてや初対面の人とチームを組むことが多い中ちょっとしたアイスブレイクではなかなか打ち解けられないことも。

(「初日はアイデアソン」って書きましたが、最近ではアイデアソンだけで完結するイベントはIT系に限らずあるそうです。)

美味しいものも食べられて、ちょっとお酒が入るとあの「会議室的なカタい感じ」から開放される感じがいい。

会話がだんだん膨らんで無茶苦茶な意見が出て時々誇張されていつのまにか「いやー実現不可能だろそれ?」「面白いなーソレ」と笑いながら結局収拾もつかないアイデアになるとかが実は一番楽しいし、なんかこう、気持ち的につっかえが取れるというか、みんなが「やらされてる感」じゃなくなることが本当はアイデアソンって大事だと思います。

「実現不可能だろ?」って言われるくらいが俄然燃えてくるMっ気のあるエンジニアだって周りにいるように思えるし。
あるエンジニアが言ってましたが、技術は後で何とかなるかもよ、って。

ハッカソンって一般的には期限が決まっているので、それに間に合わせるのもアリですが、そこがゴールになるよりも、後日また引き続き作り続けたいと思えるようなアイデアの具現化に対する取り組みもまたアリではないか?なんて考えてしまう。
もちろん発表時間に間に合わせて賞を取ったあとにまた後日集まってもっと良くしよう、というやり方もあるが、やっぱりタイムリミットに合わせたハッカソンって、何かしら縛りに合わせてしまうから、経験上そこからスケールしないことがほとんどだった。
時間的な制約がない方が、個人的には最近面白いと感じる。

半年や一年くらい練って完成させるとなるとよほどパワーを使うので、そんなことは大抵土日イベントでは成立しない。
以前、主催者側から、「このハードとこのAPIを使ってください」と縛りのあるハッカソンに参加したけれど、最初から縛りから逸脱したことをする方が、主催者側からすると残念だけど、参加者側によってはその方が楽しいかもしれないな、と。
イベントとして考えると成立しにくい、でもそういう楽しさを求めて参加したい人もいるように思える。
なんと呼ぶべきか。
居酒屋ソン?酒ッカソン(さっかそん)?流行りそうにはないな。。

あと、飲めない人はどうするか?雰囲気を楽しんでもらうか…。