Safari for iOS 6で写真撮影が可能に、将来の「スマホ対応デザイン」について思う

2012-09-23 23.57.29.jpg

iOS6がリリースとなり、Safariも内部的に色々なAPIを実装しました。

私は2012年5月のCSS Nite in OSAKA, Vol.30をはじめ、色々なセミナーにてブラウザから直接写真を撮影できて、そのままサーバに送信するデモを行ってきて、サービスに貢献できそうなアイデアなどもお話する機会をいただきました。
当時はAndroid 3から4のみが標準ブラウザがサポートしていました。(Android 2.xはFirefoxがサポート)
この仕様はHTMLのinput要素でカメラにアクセスすることが可能なわけですが、意外と早くiOSの標準ブラウザ、Safariにもサポートされたのは正直ちょっと驚いています。
またひとつWebアプリがネイティブアプリに近づく可能性を感じます。
シンタックスは非常にシンプルで、
<input type=file accept=”image/*”>
のように書きます。
実際のHTMLは以下の通りに書いてテストしてみました。
JavaScriptなどは一切使っていません。
<body>
<form action=”post.php” enctype=”multipart/form-data” method=”post”>
<input type=”file” name=”photo” accept=”image/*; capture=camera”><br>
<input type=”submit” value=”送信確認”>
</form>
</body>
これでpost.phpに写真が送られるので、簡単なPHPを書いてみます。
<?php
$data = $_FILES[“photo”];
move_uploaded_file( $data[“tmp_name”], “img/”.date(U).$data[“name”] );
echo(“<img src='”.”img/”.date(U).$data[“name”].”‘ alt=”>”);
?>
これだけで、写真投稿サイトが完成です。(というのは言い過ぎです、エラーやセキュリティチェックなどをしましょう)
しかも対応ブラウザがiOS6とAndroid3〜とだんだん増えてきています。
これだけのコードでiPhone4Sで行ったデモを動画にしました。

iOS6 Safari MediaCaputure API from Hideki Akiba on Vimeo.

サービスへの可能性とWeb企画制作の将来

いままでこういったスマートフォンで写真を撮影するという手段はネイティブアプリに委ねられていました。
しかし意外と早くiOS6が対応することで、案件ベースでもWebアプリへの実用化が早まりそうです。
例えば、もしも期間限定のWebによる写真投稿型キャンペーンイベントがあるとしたら、非常にタイムリーな開発期間を求められることが想定されるとしましょう。
そのためにわざわざリジェクト覚悟でネイティブアプリを開発することが現実的でしょうか?
むしろ納期の事情、プロモーション期間の都合などでスピード開発が求められる所で言えばWebアプリのほうがこのようなケースは理にかなっています。
大げさと考える人がいるかもしれませんが、私達のような経験のあるユーザではなく、コンシュマーユーザの立場を考えるとわかります。
操作を極力シンプルにし目的の行動に導線を引くには、ホーム画面に戻らせてカメラアプリを起動させて撮影させ、アルバムから写真を選ばせ、送信ボタンを押させるより、場合によってはWebサイトに撮影ボタンが付いていたほうが操作に慣れていないユーザは助かるわけです。
こうなると、デバイスの特性を活かすという意味では、将来の「スマホ対応サイト」の考え方は現在の幅広い一般の考え方と多少変わってくると私は考えています。
今までのシステム開発、ソフトウェア開発と比べると、Webアプリの本当の利点のひとつとして「小機能アプリ」を開発しやすくなる期待が持てます。
多くのWebデザイナーを含め活動のフィールドが広がるはずなんです。
これを成功させるには技術(エンジニアやデザイナー)とサービス、マーケティングの専門家が同じテーブルでアイデアを出し合うことが数年先のWeb制作のトレンドになることは間違いないでしょう。というよりむしろ今からそれを模索する必要があると考えています。
このあたりのWeb制作に関わる担当者レベルでのコミュニケーションについて色々問題が多いと感じている部分についてはまた別の記事として書いていきたいと思います。
少なくとも、コンテンツに重きを置いた上でのWebのサービスとテクノロジーとの関わり合いを、私達デザイナーとしても避けて通れなくなる時代は、ますます近づいてきたのではないかと感じてきます。
facebookscreenshot.png
FacebookのiOSアプリとSafariの画面、現在Safariの方では写真投稿が不可能だが将来のスマートフォン対応サイトではこの問題も解決されるだろう