WiiリモコンとFlash AS3でドラムプレイ!

WiiリモコンとFlash AS3でドラムプレイ!
今までチャレンジしてことごとく失敗したWiiリモコンとWiiFlashServerの連携ですが、MacBook Proを使う場合ウマく情報が受けられなかった点には理由があって、どうやらシステム環境設定のbluetoothにリモコンが登録されたりしてはダメだという点に今まで気がつかず、DarwiinRemoteも起動してないことが条件だったりします。
しかしこのドラムセット、まだテストしているので、スネアとハットのみ、それも右手のリモコンがハット、ヌンチャクがスネアを鳴らしているだけのお試し状態。
しかし結構、これだけでも楽しめます、昔バンドでドラムを叩いていたときを思い出したけど、このリモコンの振ったタイミングが鳴るタイミングと見事にずれてしまうし、2度鳴りを起こして、ギターのエフェクターでいう「フランジャー」みたいな気持ち悪いスネアになってしまう。
でも、これでリモコンと連動できるようになったので、創作活動にやっと入れます。
まずはWiiFlashの独自のクラス、メソッド、プロパティを憶えるという地味なところから行きます、待っててね。
(ちなみに写真ではフラッシュが立ち上がっていて、スネアとハットを鳴らしてます、音は外部ファイルを読んでます。)
ちなみに以下がテストコードです。(適当な手抜きです、すいません)
フレームアクションにて

AS3 リンケージでクラスをSpriteにすると...(Flash ActionScript3.0 学習)

Flash ActionScript3.0で、リンケージでクラス化したシンボルの「基本クラス」いわゆるスーパークラスをデフォルトだとflash.display.MovieClipだけど、わざとflash.display.Spriteにしてみた。
このシンボル、Spriteがスーパークラスになったので、タイムラインにムービーを入れたから当然エラーが起こるかな?って思ってパブリッシュしました。
ところが意外に、エラーは無く、ただ、止まっている状態です。
おそらく、Spriteクラスなのでタイムライン機能が存在しないため、1フレーム目があってもいけないと思いますが調査してみよう。
単純に入れ子になったという意味ではDisplayObjectContainerの機能だけで充分だが、同名で基本クラスでリンケージできないです、MovieClipに戻ります。

続きを読む AS3 リンケージでクラスをSpriteにすると...(Flash ActionScript3.0 学習)

Box2DFlashAS3 2.0.1 を使ってFlashブログ

↑↑写真をダブルクリックしてください。

物理ライブラリ、Box2DFlashAS3 2.0.1を使ったフラッシュブログを作ってみました。
今は一覧の写真をダブルクリックするとタイトル、コメント、写真だけが表示されますが、もうちょっと工夫をこらしてみたいと思います。
ちなみにこのブログ記事の内容はMovableType4用に作っていますので、3だと、ちょっと仕様が違うので、検討が必要かな?
というのも、画像をアップロードした時の吐き出しタグ、画像の原寸とは別にサムネイルをMTが作ってくれるので、それを利用しない手は無い!と思って、デフォルトで吐き出されるソースを利用すれば、ユーザはわざわざサムネイルを別途作る必要も無いので、以下のソースをそのまま利用します。

以下がMovableTypeが吐き出すアップロードした画像のソースコード


<form mt:asset-id="148" class="mt-enclosure mt-enclosure-image" style="display: inline;"><a href="ここに原寸の画像のURLが吐き出される"><img alt="alt属性" src="ここにサムネイルの画像のURLが吐き出される" class="mt-image-none" style="" height="サムネイルの縦サイズ" width="サムネイルの横サイズ" /></a></form>

AS3側でXML分析に使うスクリプトの一部


public function parse():Array{
var total:uint=xml.entry.length();
〜中略〜
MTArray[i].push(xml.entry[i].picture.span.a.img.@src);
MTArray[i].push(xml.entry[i].picture.span.a.@href);
〜中略〜
return MTArray;
}

xml.entry[i].picture.span.a.img.@src・・・でサムネイルのURL
xml.entry[i].picture.span.a.@href・・・で原寸画像のURL

AS3になってからXMLデータの絞り込みが楽になりました、ただ、気をつけないといけないのは、こういったHTMLソースをXMLファイルの中に入れて管理する場合は、Flashブログ用の言語はXHTMLをおススメします。
HTML 4.01以前の場合だとXML解析エラーが起こる場合があります。
それは<br><hr><img>といった「空要素」は、終了タグを省略しているのでAS3ではエラーが起きます、例えば<img>で始まって終了タグが無い場合、コンパイルエラーで『</img>が必要』みたいな事を言われます、なのですが、XHTMLのように、『<img />』なら問題ないので、こういったケースの場合、おススメというよりむしろXHTMLにするべきと言えるでしょう。

ActionScript3.0,バネの動き、応用

ちょっと前の慣性を持った動きの応用で、四角形の四隅にマウスイベントを持たせて、ドラッグで引っ張られて戻るとき「ボヨヨン」なバネの動き。
今回はクラス分け。

『MyPoint.as』、『PointEvent.as』、『BasicSpring.as』の3ファイル。
先にスプライトをインスタンス化しておいて、それをコンテナにした上で、1フレーム目に・・・

で呼び出します。

MyPoint.as ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

PointEvent.as ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

BasicSpring.as ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

WEB案件1つ終了、と・・思いきや

1週間前くらいから始めた、ある大手不動産企業のスペシャルサイトで僕はデザイン、XHTML+CSSマークアップ、Flashと担当して、ようやく本アップされた。
さて、今日は「自分へのごほうび!」な〜んて勝手に理由をつけて、スーパー銭湯に行ってきた。
ついてに、スーパー銭湯に入ってるマッサージ屋さんに目が行って、「こりゃ行くしかないだろ!自分へのごほうびだ!」なんて調子に乗って60分マッサージを風呂上がりに敢行。ところが・・・
このマッサージ師、まるで親の仇のように押しまくって、痛いだけ。帰りにはなんだかふらふらと心地よいつもりが、首の後ろアタリに背後霊でも乗っけているかのようなふらつきよう。
ああ、なんだかフラフラしたこの歩き方、かっこわるすぎでとても人様に見せられない。

続きを読む WEB案件1つ終了、と・・思いきや

アイデアに詰まり、リフレッシュにも勇気がいる。

今日、アイデアに詰まりました、ちょっと逃避。

たまに僕の受け持つ生徒さんとかに、アイデアが煮詰まったときに「パソコンに向かうな」というけど、結構それって難しいです。

あと少しで、そう、もう少しで、出てきそう・・・その時には頭の中にモヤモヤと形のはっきりしないアイデアが形成されつつあるんだが、時間をおいて客観的に見ると、「おい、そんなデザインでモノが売れるのか!?」ってなる。

1時間くらい外に出て、頭を切り替えるなんて、結構勇気のいることですね、この仕事に限った事ではないかもしれないけど。

外でちょっと仰向けになってみた。

続きを読む アイデアに詰まり、リフレッシュにも勇気がいる。